2013年05月01日

2013年4月29日・30日

毎年恒例、ダンナさんと結婚記念日の旅行へ。
今年は、箱根に行って来ました。

微妙に朝寝坊気味のスタートでしたが、箱根って
1時間半位で行ける距離なので、実は近かったんですね。

まず、箱根ガラスの森美術館へ。
いつも仙石原のススキを見に行く時に目の前を通るので
気になっていた美術館。
ヴェネチアン・グラス専門の美術館だそうで、館内は
イタリアンな雰囲気。
ガラスの森@.jpg ガラスの森A.jpg
思っていたよりも館内も広く、展示品も幅が広かったので
結構楽しめました。

続いて、ポーラ美術館へ。
POLA@.jpg
富士箱根国立公園内にあるので、緑豊かな空間。
POLAA.jpg
白を基調とし、不思議な静けさを湛えています。

ポーラ美術館は、ポーラ創業者2代目:鈴木常司氏のコレクションだそうで、
そのコレクションの中核は、19世紀フランス印象派やエコール・ド・パリ等の
西洋絵画400点であり、また日本の洋画、日本画、東洋陶磁、日本の近現代
陶磁器、ガラス工芸、化粧道具なども多数収蔵し、大変多岐に渡っています。

館内のカフェで、まったり。
POLA_cafe.jpg

とても良い美術館で、また機会があったら行きたいと思います。

さて、今回の旅のメイン、富士屋ホテルへ。
富士屋ホテルC.jpg
今回でクラシックホテル巡りも第3段に。
歴史のあるホテルは、やはり素敵ですね。
富士屋ホテルA.jpg
今回は、花御殿という建物に宿泊しました。
富士屋ホテルB.jpg
花御殿の部屋は全て花の名前が付いているそうで、私達のお部屋は
3Fの「撫子」という名前でした。

さて、富士屋ホテルと言えば、本格的なフランス料理が有名です。
今回は、「富士屋浪漫」というコースを頂きました。
 【メニュー】
  ・食前のお愉しみ
  ・海の幸と貝のジュレ 新玉ねぎのクーリー キャビア添え
  ・コンソメスープ プランタニエ
  ・桜鯛のポワレ ホワイトアスパラガスのトリュフ風味
  ・黒毛和牛フィレ肉ステーキ モリーユ茸ソース
  ・ミルフィーユとアイスクリーム
  ・富士屋ホテル自信作 ホームメイドパン
  ・コーヒー 又は 紅茶
  ・チョコレート
富士屋ホテルD.jpg
どの料理も本当に美味しく、幸せな気分になりました。

その後、ホテルのバー「ヴィクトリア」へ。
富士屋ホテルE.jpg
二人とも富士屋ホテルオリジナルのカクテルを頂きました。

静かで重厚な空間で、日常を忘れ 大変優雅な時間を
過ごす事が出来ました。

また一年、仕事に家事に頑張りたいと思います。
posted by くろひつじ at 23:47| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

2012年8月16日

折角の9連休だというのに、天気が悪かったり体調を崩したりで
家にばかり居たので、ダンナさんと「これじゃ休みが勿体無いね」
という話になり、少し遠出することに。

…とは言え、この時期にいきなり泊まりも無理なので、
日帰り出来る箱根&御殿場アウトレットへ。

箱根は来年のGWに行く予定があるので、取り敢えず
以前から二人共興味があった「彫刻の森美術館」へ。

まず目に入ってきたのは、『人志松本の〇〇な話』のCMの時に
放映されている彫刻2点。
Hakone_1.jpg Hakone_7.jpg
どちらも結構な大きさです。

順路に従って歩いて行くと、子供(小学生以下対象)が中に入って
遊べる造形作品が2点。
Hakone_2.jpgネットの森
Hakone_5.jpgしゃぼん玉のお城
沢山の子供達が中ではしゃいでいました。

次に見えるのは、ピカソ館。
Hakone_3.jpg
絵画も勿論ありましたが、こちらは陶芸や版画がメインでした。

途中、ミュジアムショップでお茶をしつつ、まったり。
Hakone_13.jpg
側に足湯もあり、タオルも100円で貸してくれるそうで
沢山の人達が利用していました。

次に見えるのは、「幸せを呼ぶシンフォニー彫刻」という
中に入れる造形作品。
外観Hakone_11.jpg 内観Hakone_12.jpg

中央に螺旋階段があり、上まで登りながら見ることが出来ますが、
結構な高さがあるので、高所恐怖症の方には下から見ることを
お勧めします。

その後も沢山の作品を鑑賞。
Hakone_4.jpg Hakone_9.jpg
Hakone_10.jpg Hakone_6.jpg

普段の運動不足が祟り、全ての作品を見終わる頃には
ダンナさんも私も筋肉痛が出始め ヘロヘロでしたが、
大変満喫しました。
posted by くろひつじ at 13:13| Comment(1) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

2012年5月1日

旅行二日目。

奈良観光は そこそこに、京都へ移動。

そのまま帰宅かと思いきや、ダンナさんの提案で京都観光へ。
移動距離の少ない東山方面へ。

まずは、清水寺へ参拝。
Kiyomizudera.jpg
行ったら何と、清水の舞台が補修工事中でした。
完全にリサーチ不足でした…。

ショックを引き摺りながら、産寧坂・二年坂を散策&ショッピング。

途中、「かさぎ屋」にて一服。
Kasagiya.jpg
こちらは、高校時代 修学旅行で来たお店。
当時の店主御夫妻から代替わりしていましたが、変わらぬ美味しさ。
shirukoseiki.jpg
思い出の味「しるこセーキ」

続いて、知恩院を参拝。
Chionin.jpg
こちらも何と補修工事中。
しかも、工事完了は平成30年…。
40歳の記念にダンナさんと京都旅行を予定しているので、
またその時まで。

青蓮院門跡
Syourenin.jpg
こちらは襖絵目当てに。
husumae.jpg

一昨年とほぼ同じコースでしたが、新しい気持ちで満喫しました。
posted by くろひつじ at 21:01| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈良ホテル

さて、今回の旅行のお宿は「奈良ホテル」です。
NaraHotel.jpg
昨年の「日光金谷ホテル」の印象があまりにも良かった為、
クラシックホテル巡りをする事も旅の目的の一つに。

今回の部屋(新館:スタンダードツイン)
NaraHotel_2.jpg
なかなか ゆったり広々していました。

少し部屋で まったりした後、メインダイニング「三笠」へ。
Mikasa.jpg
 【夕飯メニュー】
  ・生ハムと生野菜のサラダ
  ・ホワイトアスパラガスのポタージュ
  ・タイのポワレ 雲丹添え ペルノ酒風味のソース
  ・シャーベット
  ・牛フィレ肉のソース フォアグラ添え マデラソース
  ・デザート
  ・紅茶

一旦部屋に戻り、ダンナさんと旅の感想等 話しつつ まったり。

その後、バーラウンジ「THE BAR」へ。
THE BAR.jpg
クラシックホテルに相応しい、とても趣のある店内。
庭に面した窓側の席に案内して頂きました。
こちらのバーテンダーの方は、2011年に日本一になられた方だそう。
確かに とても美味しいカクテルで、飲み過ぎてしまう感じでした。

 【しろひつじ】
  ・星絆
  ・チャーリー・チャップリン
 【くろひつじ】
  ・チャイナブルー
  ・シャーリーテンプル

この他に、オードブル盛り合わせと野菜スティックを頂きましたが、
メインダイニングで作られているそうで、こちらも手が込んでいて
大変美味しかったです。

クラシックホテルは、やはり良いですね。
とても贅沢で優雅な時間を過ごすことが出来ました。
posted by くろひつじ at 12:03| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年4月30日

毎年恒例となった、GWに行くダンナさんとの旅行。
今年は「大人の修学旅行」をテーマに、1泊2日で 奈良・京都へ。

旅行一日目。
今回は、電車移動なので、朝ものんびり出発。

まずは、興福寺から参拝。
Kouhukuji.jpg
中学生の時、この建物の前で不謹慎にも友達とヤンキー座りで
写真を撮った事を思い出しました。
ガラの悪い中学生でした。 すみません…。

南円堂・北円堂
Nanendou.jpg
今回は、北円堂が特別開扉中でした。
うちの両親の初デートは、東京国立博物館の「興福寺展」だったそうで、
北円堂の弥勒菩薩の両脇に安置されている「木造無著・世親立像」には
特別な思い入れがあるそう。

さて、奈良公園と言えば、やはり鹿ですね。
shika.jpg
早速 近くの売店で鹿せんべいを購入し、餌やり開始。
鹿に囲まれたり、ど突かれたり…まるでカツアゲの様。
そして、手元に鹿せんべいが無くなる度、売店に走る私は
まさにパシリでした。

続いて、春日大社へ参拝。
Kasugataisya.jpg
藤の花が見頃でした。

でも、本当の目当ては、鹿みくじ。
shikamikuji.jpg
一刀彫で、一体ずつ丁寧に彫られています。
そして、おみくじは ダンナさんも私も「大吉」でした♪

その後、ポツポツ雨が降り出し、最後に東大寺を参拝。
Toudaiji.jpg

それにしても、奈良は中学生の時に行ったきりでしたが、
世界遺産に登録された事もあってか街全体が綺麗になっていたし、
各寺社の展示も見易くなった印象でした。
posted by くろひつじ at 11:12| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。